東京都葛飾区の社会保険労務士 坂井陽子の事務所です。

03-5654-9132 メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00  定休日:土日祝・年末年始

解決事例

労働保険手続き、社会保険の手続きなど通常の業務で忙しくてご対応が難しい方など労務管理にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

障害年金3級を受給中ですが、障害の程度が重くなって・・・

事例

障害年金3級受給者のご両親から、
「現在3級の障害年金を受給していますが、障害の程度が重くなったため年金額の額改定請求をしたいのですが、
本人は請求手続が出来ないので代行してほしい」とのご依頼。

解決策

まず、同居のご両親お二人それぞれに、料理・買い物・入浴など日常生活の状況について、
普段の様子と介助なしになった場合を想定し、3級受給決定時と現在の状況の詳細なヒアリングを行なった。
診断書の作成をお願いする医師の診察に同席させてもらい、ヒアリング結果をまとめた文書を
診察の参考にしていただきました。(※)
額改定請求の結果は、2級に該当し、現状の障害の程度に見合う結果をいただくことができた。

障害年金3級は報酬比例部分のみ(最低保証額あり)の支給に対し、障害年金2級に該当したことで
障害基礎年金部分の支給もされます。

(※)
診断書は医師のみが記入できるものです。
それに対して指示や誤解を与えるお願いはしません。
これは高度な専門知識や技術を持つ医師に対して大変失礼な行為です。
但し今回のようなケースでは、ご訪問によりご家族全員のヒアリングが実現できたことで、
以前に比べて詳細な情報提供ができることを医師にご理解いただき、
ご依頼者を通じて同席の許可もいただいており

病気休職中の個人のお客様から復職に向けてのご相談。

事例

病気休職中の個人のお客様から復職に向けてのご相談を受け、
個人のお客様、事業所の双方向に対し、最善のご提案を試みた。

解決策

■個人のお客様に対して
・健康保険の傷病手当金についての受給内容の確認と、就業規則の休職規定の確認を行う。
・経済的に困窮にならないように、雇用保険・健康保険・年金制度等を横断的に整理してご説明。
・現職の人事担当者には聞きにくい、退職後の手続と社会資源についてご説明の上、
 複数の選択肢を提示して、今後の職業生活の見通しをイメージしてもらうことに成功。

■事業所に対して
・人事担当者との面接の様子をヒアリングし、復帰とリハビリ、再発防止の措置のご提案。

連絡が取れなくなった前任者に代わって労働保険料年度更新をお願いしたい。

事例

過去の資料もなく、繰り返し外注されて実質的な事務担当者が不明という状態下、
労働保険料の年度更新のご依頼を受けた。

解決策

現存する紙ベースの総勘定元帳と個人別給与明細から新たに資料を作成し、
又労働基準監督署に前年度の概算保険料を確認の上、確定保険料の計算を行い年度更新のお手続きを完了した。

労働保険料の年度更新を長年知り合いにお願いしていたのですが・・・

事例

無資格の第三者に労働保険料の年度更新をお願いしたところ、
保険料誤算による徴収などが見受けられた。

解決策

・徴収免除の被保険者からも雇用保険料を徴収していたことが判明し、正しく計算した結果、保険料が数万円安くなった。
 
⇒個人別の雇用保険料の再計算と返金手続きについての指導を事業主に行う。

⇒過去の誤徴収のお詫びと、現在は社会保険労務士が手続をしている旨を従業員にご説明。

⇒今後、無資格の第三者に労働保険の事務を依頼することのないよう事業主に説明の上、
 コンプライアンス遵守のお願いとその理由をご説明。

お気軽にお問い合わせください

03-5654-9132メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00 定休日:土日祝・年末年始

お気軽にお問合せください

03-5654-9132

相談時間:9:00~17:00
定休日:土日祝・年末年始

メールでのお問合せ

事務所紹介

【サカイ社会保険労務士事務所】

〒124-0012
東京都葛飾区立石2-28-5

03-5654-9132

サイトの保護について

このサイトはSSLで暗号化通信されています。

東京都葛飾区の社会保険労務士 坂井陽子の事務所です

私たち社会保険労務士は、社会保険と労働に関しての専門家です。私は社会保険労務士として、何らかのお仕事でお悩みを抱えた使用者の皆さんと会社設立から雇用・人材育成・社内整備など、共に成長に歩んでいきたいと考えています。20年近く総務・人事部門で事務経験がありますので、現場の資料作成から届出・教育までトータルにサポートいたします。